今すぐ購入

アルファ ALPHA フライトジャケット MA1 インターミディエイトゾーン用 B-15 →MA-1 →CWU−45/P

アルファ ALPHA MA-1ALPHA INDUSTRIESアルファ インダストリーズMA-1 FRIGHT JKT アルファ社 MA-1フライトジャケット 送料無料 メンズファッション アウタージャンパー・ブルゾン MA1 BIGサイズ 大きいサイズ

商品番号:MJM21000C1

価格  12,512円
当店通常価格 17,000円

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
サイズ × カラー
  XS
(USサイズ)

(USサイズ)

(USサイズ)

(USサイズ)
XL
(USサイズ)
2XL
(USサイズ)
3XL
(USサイズ)
SAGE GREEN
1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】
BLACK
1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】
× ×
GUN METAL × × × × × × ×
REPLICA BLUE
1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】

1〜2営業日【発送】
× × ×
MAROON ×
1〜2営業日【発送】
× × × × ×
商品到着後、レビューを   

インフォメーション

サイズ&素材

サイズ表

XSSMLXL2XL3XL
胸囲/外寸108118126134144154164
着丈59636567696971
肩幅42464851525659
袖丈67676869707272

表/裏地…ナイロン100%
中綿…ポリエステル100%


※ジャパンモデルの”ヴィンテージグリーン”は
弊社販売のアメリカモデルでは
”SAGE GREEN”に該当いたします。

商品説明

【ALPHA】 MA-1 FRIGHT JKT
アルファ MA-1フライトジャケット
詳細スペック 【ALPHA】 MA-1 FRIGHT JKT

アルファといえばMA-1といわれるほど有名な傑作フライトジャケット。
【インターミディエイト・ゾーン】と呼ばれる-10度〜10度までの気温用に開発されたモデルです。

【インターミディエイト・ゾーン】のフライトジャケット変遷
※B-6 ⇒B10 ⇒B-15(Dスペックまで有) ⇒MA-1(Fスペックまで有) ⇒CWU-45/P(NOMEX・難燃アラミド素材)


B-15シリーズの後を受けて、飛行機が急速に近代化したのに伴い、襟のムートンを省略しのが最大の特徴です。
⇒ヘルメットのハードシェル化に対応。

その後、CWU-45/Pが生産された後も生産されたMA-1ですが
MIL-J-8279〜8279Fまで変更が加えられて80年代まで生産され続けました。
この商品は、最終期モデルの裏地が『レスキューオレンジ』の民生品です。

シェル(表地)は、非常に強く耐久性のあるナイロンを使用しており防風性もあります。インサレーション(中綿)は、ポリエステル。


カラーは、制空戦闘迷彩色のセージ。エアーフォース(空軍)のシンボル色レプリカブルー。
人気の定番色ブラックとガンメタ、隠れた人気のマールーンの5色展開。


レプリカブルーの色合いは、
ネイビーよりも濃い紺色です。

アメリカ陸軍航空隊『オリーブドラブ色』から
正式にアメリカ空軍に独立した際に採用された
”エアーフォースブルー”の色合いです。

(当時B-15、N-3A、N-2A、L-2A等が
このカラーで生産されましたが
目立つので制空戦闘迷彩色の”セージ”へ
変更していきました。



※弊社のアルファ社の製品は
 アメリカからの並行輸入品です。





この商品を購入された方のレビュー 
総合評価4.75

薬君さん 30代/男性

評価5.00

投稿日:2017年11月11日

 着やすいです。

身長175cm体重66kgでMサイズを購入。ボリュームのあるセーターを着込んでも余裕がある感じです。多少大きいですが身体に密着する感じで暖かく顔が小さく足が細長くみえると好評です。10年以上愛用しているALPHAのMA-1と比べて袖が長く、腕が長い私としてはちょうどよかったです。別の色も購入して父親とシェアしようと思っています。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2017年10月22日

 良いですね。

173センチの75キロなのでMでちょうどいい感じでした。物もしっかりしていて暖かいです 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2017年10月04日

 納得

イメージ通り、かつサイズもぴったりでした。購入してワンシーズン来たのでいい感じにくたびれ感も出てきてます。今後着たおしていくのが楽しみです。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 

メイン写真

【ALPHA】 MA-1 FRIGHT JKT
アルファ MA-1

アルファといえばMA-1といわれるほど有名な傑作フライトジャケット。
【インターミディエイト・ゾーン】と呼ばれる-10度〜10度までの気温用に開発されたモデルです。

【インターミディエイト・ゾーン】のフライトジャケット変遷
※B-6 ⇒B10 ⇒B-15(Dスペックまで有) ⇒MA-1(Fスペックまで有) ⇒CWU-45/P(NOMEX・難燃アラミド素材)


B-15シリーズの後を受けて、飛行機が急速に近代化したのに伴い、襟のムートンを省略しのが最大の特徴です。
⇒ヘルメットのハードシェル化に対応。

その後、CWU-45/Pが生産された後も生産されたMA-1ですが
MIL-J-8279〜8279Fまで変更が加えられて80年代まで生産され続けました。
この商品は、最終期モデルの裏地が『レスキューオレンジ』の民生品です。

シェル(表地)は、非常に強く耐久性のあるナイロンを使用しており防風性もあります。インサレーション(中綿)は、ポリエステル。


カラーは、制空戦闘迷彩色のセージ。エアーフォース(空軍)のシンボル色レプリカブルー。
人気の定番色ブラックとガンメタ、隠れた人気のマールーンの5色展開。


※レプリカブルーはネイビーよりも濃い紺色です。アメリカ陸軍航空隊『オリーブドラブ色』から
 正式にアメリカ空軍に独立した際に採用された ”エアーフォースブルー”の色合いです。

(当時B-15、N-3A、N-2A、L-2A等がこのカラーで生産されましたが
目立つので制空戦闘迷彩色のセージへ変更していきました。

※弊社のアルファ社の製品は
 アメリカからの並行輸入品です。。

ディティール

アルファ MA-1 フライトジャケット ALPHA アルファインダストリーズ MA-1

アルファ MA-1 フライトジャケット ALPHA アルファインダストリーズ MA-1

アルファ MA-1 フライトジャケット ALPHA アルファインダストリーズ MA-1

アルファ MA-1 フライトジャケット ALPHA アルファインダストリーズ MA-1

re500off-1.jpg

 

よくあるご質問&補足説明

【ALPHA】社のUS企画の商品ですが、MADE IN USAですか?
弊社の商品は、【ALPHA】社US企画の並行輸入品です。
国内大手ジーンズショップ等で販売している日本ライセンスの【ALPHA】の商品と商品ラインナップが異なります。
⇒ 背中に【ALPHA】ロゴが付いたMA-1などは日本企画の為、販売していません。
【US・ALPHA】社は、CWU-45/PやCWU-36/P ECWCSなどののミルスペック(軍事品)はUS国内で生産していますが
それ以外の民生品の原産国は、主にアジア製です。 (生産国の指定は出来ませんのでご了承下さいませ。)
腕のファスナーに付いている『赤いリボン』や『黒いリボン』は、着用の際は外すのですか?
『赤いリボン』は、以前から付いています。リボンには【REMOVE BEFORE FRIGHT】とプリントしてあります。
⇒ 戦闘機が離陸する前に、赤いリボンの付いた安全ピンをミサイル等から外せという事です。
『黒いリボン』は、50周年の2009年以降に生産された商品に付いています。
どちらも飾りなので、付けていても問題はないのですが
実店舗の場合、ご購入後すぐ着用されるお客様は外される方が多いです。
ごく稀にリボンが付いていない商品もありますが、ご了承下さいませ。
サイズ選びが心配なのですが
基本的にUSサイズなので日本サイズよりも1〜2サイズ大きめです。
⇒同サイズでも用途によって大きさが異なります。パイロット用はタイトめ、地上作業者用はゆったりめなど。
また、トレンドを意識した商品は、袖が細い商品もございます。
それから欧米人は腕が長いので、日本の服よりも袖の長さは、やや長めのつくりです。
また、ファスナーのスライダー(上げ下げ)は右手側に付いています。(車の走行レーン同様、習慣の違いです。)
これらは、一般的なインポート品と日本の服と異なる点ですのでご参考にして下さい。

最もサイズの中で気になるのが、ファスナーが閉まるかどうかです。
サイズ表の胸囲は、外寸(中綿を含んだサイズ)です。(中綿無しも同様に計測。)
【胸囲/外寸】は、商品を平置きして脇下部分を計測した【身幅】の長さ×2倍です。【胸囲】=【身幅】×2
ですから、お客様がTシャツやトレーナーなどインナーを着た状態でメジャーで測った胸囲とサイズ表の胸囲(服の外寸)が同じくらいの場合、余裕が無いので着る事は出来ません。
ご自宅にあるアウターの【胸囲】(身幅×2)を採寸して比較してみるのも良いと思います。
縫製がやや気になるのですか?
数年前にUS製からアジア製に完全移行したのですが、縫製等の品質がアジア製になったから
極端に悪くなった訳ではございません。
元々、一般的なUSカジュアル衣料の品質は、生産国に関わらず
日本のブランドに比べて品質基準はそれほど厳しくない傾向です。
ALPHA以外のワークブランドやアメカジブランド等もよく似た品質基準ですが
ハイブランドやアウトドアブランドの品質レベルは異なります。
またALPHAの商品でもレザーウエアーやレプリカシリーズは通常の民生品と縫製レベルは異なります。

※生産国がアジア製でもUS、欧州、日本のブランドやメーカーによって品質基準は異なります。
⇒日本の品質基準は、一般的には細かい箇所まで厳しく、やや過剰ぎみの傾向です。
  また高いコストを掛けて高品質にしています。

上記の理由より、日本のミリタリー復刻ブランドや国内企画の【ALPHA】【AVIREX】に比べて
縫製がやや雑な箇所があるかもしれませんが、着用の際には問題はございませんので
その点はご了承下さいませ。
BIGサイズやマニアックなカラーやモデルが欲しいのですが、取り寄せ出来ますか?
一度、ご希望の商品を連絡して下さいませ。対応出来るかご返信させていただきます。
ミリタリー好きなので【ALPHA】以外に【AVIREX】とかも仕入れて欲しいのですが…
【AVIREX】創業者は2005-06頃にアメリカ国内(HIPHOPブランドのECKO社)、日本、EUROの
それぞろ各国の3社へ売却しています。
その為、残念ながらUSからミリタリーテイストの【AVIREX】を輸入する事は出来ません。